お家に帰りつつ五色沼

2014年06月03日 20:00

みなさま、こんにちは。









2014-05-29-20.jpg


長かった東北旅行記、
『いつまでやっとんねん』って地元のともだちは思ってることでしょう。
それも今日でいよいよ終わりです〜









2014-05-29-21.jpg


旅行の最終日は山形を南下しつつお家に戻りましょうっつう
クールダウン的な日程でした。
山形自体、何年か前に結構がっつり回ったんで
あんまり見たいものがなかったってのもあるんですけど。









2014-05-29-22.jpg


とりあえず『置賜さくら回廊』に一縷の望みを託して行ってみたものの









2014-05-29-23.jpg


予想通りきれいさっぱりさくらは散ってしまっていて
地元の方が『さくら祭』の会場の撤収作業に精を出していらっしゃいました。
ま、想定内でしたので。
オットがどうしても食べたかったっていうおそばをいただいた後
更に南下して









2014-05-29-28.jpg


福島の裏磐梯へ









2014-05-29-29.jpg


神秘的な色をした五色沼巡りをしてきました。









2014-05-29-26.jpg


予想外のプチトレッキングになってしまったけれど
水のそばってだけでテンションが上がっちゃうはるも









2014-05-29-27.jpg


ナチュラル好き男子のおなつ様もご機嫌で歩いてくれて
通常1時間のコースをたっぷり2時間かけて回ってきました。
きれいだったな〜
夜中に走った方が眠くならないとオットが言うんで
のんびりして夕ご飯も食べて福島を出たんですが
ごはんを食べたら眠くなる体質のワタシ。
案の定、すぐに眠ってしまって気付いたら無事にお家の前に到着してました。
4日間にもわたる長時間の運転、ほんとにありがとう〜









2014-05-29-24.jpg


3泊4日の東北旅行、いつもよりも日程も長めだったし
なにより移動距離がすごくてほとんど車の中にいるみたいな旅でした。
そのことを最初はとても心配してて
はるなつが移動に疲れてたらこの行程は削ろうとか
ここは止めとこうとかいろいろ考えてたんですけど
そんなワタシの心配をヨソにはるはもちろんなつも一度も歩くのを嫌がったりしなかったこと。
毎日変わるお宿にもすぐに馴染んでくれてちゃんと自分たちのベッドで眠ってくれたこと。
何より旅行を楽しんでくれてた(ように見えた)こと。
はるなつはまだまだ元気でまだまだ成長してくれてる。
そんなことを大げさでなく毎日毎日実感できた旅行でした。









2014-05-29-25.jpg


水仙と桜と菜の花に彩られた大好きな東北の春。
またいつの日か。









関連記事
スポンサーサイト


最新記事